小金井市議会議員選挙


 

3月17日告示された小金井市議会選挙の投開票が24日に行われました。

これは、今後4年間の市政の方向を定める重要な選挙で、24人の定数に35人が立候補するという、かつて無い激戦となりました。結果は、現職22人の立候補に17人が当選、新人10人に5人、元職3人に2人が当選となりました。しかし、それに反し投票率は4年前を約3ポイント下回る43.97%と50%にも満たない低調な投票率でした。

選挙は非情との思いです。昨日まで立場は異にするとしても、小金井市のためにと議論してきた現職の議員5人が落選したことです。幸い、私の応援した11人の候補者すべてが当選したのは幸いでした。私は、多忙な公務の合間を縫い、昼食も飛ばしてできるだけの応援をさせていただきました。

争点と思われたごみ問題も、3月13日に日野市、国分寺市との3市による共同処理に一定の方向性が示されたとともあり争点にはならず、国政の反映とも思われる、自民の増、民主、社民の減となりました。

新しい議会構成の中で、引き続きごみ処理問題、庁舎問題、街づくり、災害対策、子育てや高齢者対策など、山積する課題解決に努めてまいります。

小金井市議選の得票

小金井市議選の得票