市長4期16年を終えるにあたって


 

平成11年4月26日、市長に就任し途中2度の空白期間はありましたが4期・約16年間、市政を担当させていただきました。そして、私の果たすべき役割は終えたと判断し、本年12月17日をもって引退いたします。

 市議会議員4期14年、市長4期16年、長い間本当にお世話になりありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 私の市長就任当時は、あの北海道夕張市をも下まわる全国最下位の財政状況でした。それは、人件費の異常な高さに起因するものでした。また、JR中央本線の開かずの踏み切り、新宿~八王子間で最も開発が遅れてしまった駅周辺の整備。そして、不安定なごみ処理問題など課題は山積でした。しかし、明けない夜はない、冬の後に必ず来る春を信じ、16年間、私心を捨て全精力で市政に取り組んできました。

 30%を超えていた人件費比率は16%台に、中央線の高架の完成で踏切は解消し、駅周辺の整備も大きく前進しました。少子高齢対策では、保育園の待機児は平成29年4月に解消、そして、特別養護老人ホームも貫井北町に140床の建設が決定しました。全国にその名を馳せてしまったごみ問題も「浅川清流環境組合」を平成27年7月に設立し、私の最大の選挙公約を果たすことができました。

 これらの課題の解決は、私一人でできるものではありません。市民、職員、そして議員の協力が無ければ成就しません。特に議会は少数与党ということもあり、厳しい対応に迫られました。そのような中で自民党、公明党議員団とともに五十嵐京子さんの協力があってのことでした。

 平成23年4月の市長選挙で私が落選し、新たな市長が誕生しました。市政は大混乱におちいり市民の不安は頂点に達しました。新市長は半年で辞職し、再度の選挙となり、私の再登板となりました。再びこの様な混乱を起こしてはなりません。そのためには市政の安定的な継承が必要です。私は責任をもって五十嵐京子さんを推薦します。

稲葉孝彦

平成27年11月吉日