走り続けた16年(66)

ガソリン混入灯油の販売事故①

私が市長に在任した16年の間で、強く印象に残り、忘れられない日がいくつもあります。そのひとつが、就任2年目の平成13年1月17日に発生したガソリン混入の灯油販売事故です。約24時間の出来事ですが、今でも鮮明な記憶として残っています。

午後10時30分頃、市役所から自宅に電話があり、貫井北町2丁目のガソリンスタンドでガソリンの混入した灯油を販売してしまったと連絡が入りました。私は、関係する職員を早急に招集すること、小金井市消防団の渡辺勝巳団長に連絡し、早急に市役所に来てもらうよう職員に伝え、市役所へ向かいました。

事故の原因は午後5時半頃、タンクローリーが荷卸しの際、ガソリンと灯油の双方の地下タンクへの結合口を取り違え、同時に投入するという単純なミスでした。同スタンドで給油した車のエンジンが不調との訴えから午後10時頃にコンタミ(ガソリンと灯油の混交)が生じていることが判明しました。

車に灯油が給油されればエンジン不調で済みますが、ガソリンの入った石油ストーブを点火すれば、場合によっては天井まで炎が上がるなど爆発的な燃焼となり、制御が困難になることもあります。そのため、火災になることもあり火傷や人命に関わる可能性もあることから、何としても使用前に回収しなければなりません。

登庁し、担当職員から購入者が10人である等の説明を受け、私はこのコンタミ燃料を何んとしても回収するため、全力を注ぐ決意を職員に伝えました。

消防団長には団員を招集し、消防車を使っての広報活動と、他の団員はいざという時のため分団詰所に待機し、いつでも出動できる体制を執ることを要請しました。

この時点で回収できたのは、スタンドによる自主回収の2件だけでした。

小金井消防署、消防団、そして、小金井警察署によるコンタミ燃料の回収に関する巡回広報活動が開始されました。

広報活動の効果で2件が回収され、残りは6件となりました。

さらに、市の防災同報無線を使うことを決め、市役所に苦情が来ることを覚悟し、零時に私がマイクを持ちました。すぐに反応があり、それは、こんな夜中に迷惑だとの声もありましたが、何を言ってるのか内容が分からない、というのが殆どでした。さらに、30分後に同様の放送を繰り返しました。

ジェイコム東京にはテロップで事故と回収について常時放映してもらいました。

これらの効果で、午前1時位までに更に2件の回収があり、残り4件になりました。

1時半過ぎ、消防署で諸澤一男署長、渡辺消防団長と私、署と市の関係職員と第1回の対策本部会議を開き、絶対に火災は発生させないということを基本に、これまでの対応を確認することや、お互いの果たすべき役割分担を確認しました。

市役所に戻り、夜が明けたら行うべき作業に備え、チラシやポスター、住宅地図等の作成を職員とともに徹夜で行いました。

(つづく)

走り続けた16年(65)

新しい年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。

希望に満ちた新春をご家族おそろいで健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

本年は小金井市が昭和33年10月1日、東京都で10番目の市として市制を施行して60年の節目の年になります。

初代市長は市制施行に努力した鈴木誠一氏が就任しました。当時の小金井市は、人口4万947人で職員数は177人、一般会計予算は1億4千815万円でした。ちなみに、現在、人口は12万人を超え、職員数は約700人、一般会計予算は約400億円であり、近郊の文教・住宅都市として、一時の失政もありましたが、大きく発展させてきた先人に感謝いたします。

本年は、市制施行の外にも5年、10年の節目の年を迎える団体も多くあります。4月からのこの1年は、60年の冠を付した事業が活発に展開されることでしょう。

また、本市が市制施行20周年を記念し、昭和53年10月1日に締結した三宅村との友好都市盟約も40周年になります。現在、私が会長を務めている小金井三宅島友好協会も、これを弾みに、さらなる友好の絆を深めてまいります。また、東京小金井ロータリークラブは創立55周年事業として、5年計画で550本の八重桜の苗木を三宅島に贈る計画です。市民の皆さん、是非、三宅島を訪ねてください。

2020年東京オリンピック・パラリンピックも近付いてきました。これを契機に、小金井の魅力を市内外に発信するシティプロモーションが必要です。それには、市民が市に愛着を持つことが基本です。

小金井市は平成21年9月から「こきんちゃん挨拶運動」を行っていますが、市民同士が日常的に挨拶を交わす市にしたいですね。人間関係の基本は挨拶です。最初は目を合わせたら軽くうなずき、慣れてきたら声を出すようにして。ごみの収集作業の人たちにも気軽に感謝をこめて挨拶が交わせる習慣ができたら素晴らしいですね。

また、小金井市を日本のシンガポールと呼ばれるように、美しくごみが落ちていない街を目指したいですね。そのためには、条例でも禁止されているたばこなどのポイ捨てをしないことや、自宅等周辺の清掃活動をすることで実現できます。

市民が、お互いに助け合い、支え合える町にするには、昔の、向こう三軒両隣や、お節介なおじさんやおばさんのいる近所付き合いの復活に期待したいものです。

本年も『走り続けた十六年』の連載を続けます。市政の歴史が誤ったり都合よく解釈され、それが定着してしまうことを危惧し、今だから言える話を一緒に苦労し、汗を流してきた職員や議員を思い出しながら書き続けてまいります。ご愛読をお願いします。

世界平和は人類永遠の悲願です。北朝鮮の核ミサイル開発が世界中に緊張感を与えています。アメリカがその挑発に乗らないことを願います。本年が平和で、災害もなく、幸多き年であることを心から祈念いたします。

(つづく)

走り続けた16年(64)

この1年を振り返って

平成29年も残り僅かになりました。当欄「走り続けた16年」も本年最後になりました。1年間のご愛読に感謝申し上げます。

この1年を振り返って、皆様にとってどんな年だったでしょうか。喜怒哀楽いろいろあったことでしょうが、幸多き年であったことだと思います。

天皇陛下の退位を実現する特例法の制定により、天皇陛下が平成31年4月30日に退位し、翌5月1日、皇太子殿下が即位します。同時に新たな元号に改められることが決定しました。「平成」の時代もあと1年4か月で幕を引くことになり、新たな元号がスタートしますが、元号でその時代を証言したり、自らの人生の節目とすることもあります。来年は平成の仕上げの年になることでしょう。

世界は、1月米大統領に就任したドナルド・トランプ氏と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の動向に危機感を感じた1年でした。両者とも大人気ない子どもの口喧嘩のような信じられない言動の繰り返しで、この二人に世界の命運が握られていることに空恐ろしいものを感じます。

また、世界中を震撼させた過激派組織イスラム国(IS)は崩壊しましたが、世界に紛争やテロは絶えることなく、多くの難民が発生しています。紛争地域に生まれたがために、瓦礫の中で恐怖と飢餓に苦しみながら、学校にも行けずにいる子どもたちを思うと大変心が痛みます。

平和で豊かな生活を営む私たちもその現実を直視し、自分たちに何ができるかを考えなければなりません。

小金井市は1年を通じて選挙の年でした。3月の市議選では一人の同志を失い、7月の都議選は今でも信じられない風が吹き、そして、10月は解散に伴う衆院選となり、私が小金井市の選対本部長を務めた土屋正忠氏が惜敗するなど、結果の出せない選挙戦になってしまったことが非常に悔やまれます。

私は、過日73歳になり、健康寿命の平均年齢の71歳を超えましたが、さらに健康寿命延伸のためウオーキングを続けています。連日市内を歩いていますが、4月末のウオーキングフェスタで30㌔㍍、8月末は三宅島一周約30㌔㍍、11月5日は野川の源流である国分寺真姿の池から多摩川との合流点である二子玉川まで完歩しました。

昨年12月から今年の11月までの1年間、スマホによる歩行距離は4千㌔㍍で、ほぼアメリカのロスアンジェルスとニューヨーク間に近い距離を歩いたことになります。1日平均11㌔㍍超となり、歩数にすれば約2万歩で、今思うと、少し歩き過ぎたとの思いです。

「健康長寿小金井」を推進するには、健康寿命の延伸が必要です。そのためには、バランスの取れた食事、環境や体力に応じた適度な運動、そして、社会参加が必要です。

さあ、家を出て近所を歩きましょう、知人や友人にお会いできるし、私もお会いしたいと思いますので。

どうぞ良いお年をお迎えください。

(つづく)

走り続けた16年(63)

衆院選 ⑤

私は、政権交代が可能な二大政党制が理想だと考えます。

それは、保守対革新でなく、現実路線を継続できる保守対保守が理想であると思います。そのためには、単なる抵抗勢力でない健全な野党が期待されます。しかし、それが実現せず自由民主党の一党支配が一時期を除いて長期間に渡って続いてきました。それが、たまたま平成21年の衆院選で自民党首脳の不適切な言動などにより、国民が自民党政治に嫌気がさし、民主党に一度やらせてみたらという風潮で民主党政権が誕生しました。

しかし、その3年3か月間に鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦氏と三人も首脳が変わり、その間に、東日本大震災が発生、その危機対応を誤り、現場を混乱させ、その後の課題解決も充分に果たせず大混乱に陥りました。

株価も下落を続けるなど経済も低迷し、失業率も上昇し就職困難期となるなど国民失望の中、再び自民党が政権に復帰しました。

危機に対し適正な判断のできない政党に政権を任せられず、当時の民主党の子ども手当てなど人気取りの政権公約、マニフェスト等を見ても政権を担っていくのは無理があったと考えます。

今回の衆院選の公示直前に小池百合子都知事による希望の党が誕生しました。そして、離党問題で混乱し、先の見えない民進党は前原誠司代表の決断により希望の党との合流を決定しました。

しかし、小池代表は、民進党の全てではなく政策の異なる人々は「排除する」の一言により状況は一変しました。私は小池知事の政治手法に与みするものではないが、民進党と合流するには政策を同じくする者が集まって運営していくのは当然だと思います。「排除」の言葉は本人の人柄が出てしまい墓穴を掘りました。

民進党が党の一部を残して希望の党、立憲民主党、無所属の会に分かれました。それらが、再び意見の対立を残したままで統合するような動きは信じられません。また、希望の党の代表選では基本政策の異なる二人の争いとなり、現実的対応を執る玉木雄一郎氏に決まりましたが、大串博志氏と同様の考え方の議員も一定数内在することになります。これでは、北朝鮮問題が切迫する国家の危機等に対し、ガバナンス(統治能力)の欠如を招き、民進党政権時と変わらず、結局、政権を担うという存在にはなりません。

立憲民主党も反自民、反安倍政権の抵抗勢力に過ぎません。自民党に対抗できる健全野党の登場に期待します。それが、結果的に自民党政治の質の向上につながるとともに、ひいては日本の政治のレベルアップになるものと考えるからです。

政権交代を可能にすると期待した小選挙区制度でしたが、課題も多く、当然ですが死票が多く出るし、得票数と当選者数のアンバランスの発生。当選には政党の支援が必要になり、議員は政党に従うことになります。また、その時の風に乗っての当選も多くみられます。

その結果、中選挙区時代の群雄割拠の風潮や切磋琢磨の気風を失い、特徴ある独自の政策を掲げる議員の誕生も難しくなり、世襲候補に有利な制度になってしまいました。

(この項終わり)

走り続けた16年(62)

衆院選 ④

私が前衆院議員の土屋正忠を知ったのは学生時代で、今から50年も前のことでした。しかし、親しくなったのは、昭和58年の武蔵野市長選挙で多少の手伝いをして以来であり約35年になります。

昭和60年に私が小金井市議会議員になって14年間、さらに、市長としての16年間、地方自治の大先輩とし、また永年の友人としてアドバイスをもらうとともに、小金井市の街づくり等にも尽力いただきました。

長い付き合いの中で、人柄、情熱、先見性、決断力、そして、政策形成能力を見るにつけ、まさに政治家になるべくしてなった人だと思っていました。いつか小金井市も選挙区となり投票用紙に「土屋正忠」と書ける日が来るのを期待し、その時、自分がどの様な役割が果たせるかを考えていました。

菅直人は参院選を含め3度目となる昭和55年の衆参同時選挙で衆院初当選。以降、抜群の知名度で連続当選を続けており、自民党は候補者擁立に苦慮してきました。

衆院選が小選挙区制に変わり、東京18選挙区が武蔵野市、三鷹市、小金井市と決まり土屋と一緒にできるという念願が叶いました。その時、私に「おめでとう」の電話も数本入りました。

土屋は地元武蔵野市は勿論、多摩各地域においても地方自治のリーダーとして、国や都とのパイプ役を果たし多摩地域の発展に尽力してきました。当然、土屋に衆院選出馬要請があります。しかし、「自分は中小企業の社長が似合っている、生涯市長だ」と断り続けていました。

平成8年、小選挙区最初の選挙が執行され、東京18選挙区(当時は武蔵野市、三鷹市、小金井市)は菅の11万7千票に対し自民党候補は2万4千票。次の平成12年は11万5千票に対し5万票。

三度目の平成15年は知名度の高い鳩山邦夫が比例での当選の保証を受けて挑みましたが、菅の14万票に対し8万3千票の得票で約5万6千票の大差をつけられました。

平成17年8月8日の小泉純一郎首相により衆院は解散しました。いわゆる郵政選挙です。武蔵野市、府中市、小金井市の18選挙区は、小泉総裁をはじめ党役員直々の要請を受け、土屋が市長を辞しての出馬を決意しました。私はその情報を遠いポーランドで聞きました。帰国した私は満を持して早速選挙の準備に入りました。

衆院選候補者の公開討論会が行われる小金井市公会堂に二人で歩いて行く途中、土屋が「菅には比例での復活は止めて、小選挙区一本での勝負を申し込む」と言うので、私はその発言はしないでほしいと伝えました。

比例名簿が29日に発表され驚きました。自民党は東京ブロック1位が猪口邦子、2位が土屋、3位は小選挙区立候補者23人が横並びでした。そのため猪口と土屋は戦う前から当選が決まってしまったのです。当然相手陣営は「土屋の当選は決まっています。18区からもう一人の衆院議員を…」という宣伝が繰り返されました。

その結果、選挙は7千800票差まで肉薄しましたが、菅の勝利となりました。党本部の温情が仇となり、自民党圧倒の中で不利な戦いを強いられてしまいました。(敬称略)

(つづく)