朝のウオーキング


 

11月 2 3日の勤労感謝の日を含めて 3連休、早朝ウオーキングを考えましたが、24日(土)は失敗しました。

■1 1月 2 3日(金・勤労感謝の日)
自宅一鞍尾根橋一二枚橋ー自宅
時間 :5時 1 5分〜7時40分
歩数:14,500歩
*くじら山原っぱでラジオ体操
箭真舳(やまべ)橋周辺の紅葉、野川、武蔵野公園のすすきが今年も美しい。

■11月 2 5日(日)
自宅一喜平橋一小金井公圏西門〜東門一自宅
時間:5時〜8時
歩数:17, 927歩
*寒天に星がきれい。小金井公園でラジオ体操、午前 7時の気温はマイナス 1度。皇帝ダリアが見頃です。


 

4月30日(月・振替休日)の朝のウオーキング


 

自宅出発(5:20)ー武蔵小金井駅ー市役所ー念仏坂ー薬師通りー貫井神社ー鞍尾根橋ー天神橋ー小金井神社ー天神橋ーくじら山原っぱ(ラジオ体操)ー二枚橋ー野川公園北側から南へー武蔵野の森公園ー野川公園ー武蔵野公園苗圃ー二枚橋ー小金井新橋ーむじな坂ー栗山公園ー地蔵通りー自宅到着(9:00)所用時間3時間40分。歩数計のカウントは21,335歩。距離は13.01キロメートル。

ウオーキングフェスタ東京には、初日はハナミズキルート(野川・小金井方面)の20Km、二日目はサクラルート(多摩湖・玉川上水方面)の30Kmを歩く予定で、事前の申込をしていたのですが、日程の都合で歩くことができませんでした。そのため、日程の少なかった30日は、野川、玉川上水、そして小金井公園等を心行くまで歩きました。
本日1日の歩数計のカウントは33,813歩。距離は20,62キロメートルでした。

瀬戸内しまなみ海道を完歩


第11回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチが9月30日〜10月2日にかけて行われました。これは、愛媛県今治市から、しまなみ海道を広島県尾道まで歩くもので、小金井市での東京国際スリーデーマーチ等で知り合い、瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチが日本マーチングリーグに加入に際し、お手伝いしたことから今治市の職員等のお誘いや、かねて挑戦したいと考えていたこともあり今回実現しました。

1日目は、今治城吹揚公園から伯方SCパークまでの30Km。出発式は晴れましたがその後は、降ったり止んだりで午後は大雨になりました。

2日目は、伯方SCパークから瀬戸田市民会館までの20Km。天気は晴れ。

3日目は、瀬戸田市民会館からゴールの尾道駅前広場までの30Km。天気は曇り。

瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチで、瀬戸内海の美しさと、ウオーキングの素晴らしさを堪能しました。

丁度、ゴールになった尾道市では、尾道市出身で小金井市民の漫画家かわぐちかいじさんの「かわぐちかいじ展」が10月1日から尾道市立美術館で盛大に開催されており、また、おのみち歴史博物館では、[特別展]尾道人物伝「かわぐちかいじの心」が併せて開催されており、美術館も博物館も大勢の若者でにぎわっていました。また、市内はかわぐちさんの作品のポスターや横断幕などで、尾道はかわぐちかいじ一色でした。

1日 1万歩


公務等で時間に余裕のない時は計画的に物事が進むのですが、今のように時間に余裕ができるとなかなか思う通りに進まないものです。

その中で、特にこだわっているのは1日1万歩です。市長の時は自宅と市役所の往復で4,500歩、後は市役所の中でどのぐらい歩くか、市内は時間さえあれば貫井センターや東センターへも歩いたものです。夜、自宅近くで歩数計をみて9,000歩台の時は、近所を一週して帳尻を合わせました。家族からは、「不審者と間違えられますよ」といわれてもめげずに頑張りました。手帳には、その年の1月1日からの1日1日の歩数を記録しています。

最近は歩かなければならないことがないので意識して歩くようにしています。特に6月8日から7月11日まで34日間連続して1万歩を超えており、それを途切れさせないためにもまた歩くという毎日です。歩くコースは市内全域です。気が向いたときは、武蔵境駅や国分寺駅で電車を下り、歩いて帰ることもあります。

健康のためには歩くのがいいですね。自分の体力に合った距離や速さで無理をしないことです。歩くと、多くの人と出会えることや、季節の移り変わりや町の変化、そして、新しい発見にも出会い、小金井市の素晴らしさを再発見することができます。