走り続けた16年(125)

市議会議員として⑥

昭和60年5月26日の選挙で保立旻市長が当選し、6月3日から2期目がスタートしました。待ってたのは3月31日の定年制の導入で退職した37人の欠員に伴う職員組合との労使交渉でした。当時の労使交渉は、私の16年間とは全く異なる暴力的なものでした。市長をはじめ理事者、管理職者にとっては精神的にも肉体的にも苦痛を伴う労使交渉でした。

新人議員の私は、保立市長の要請もあり、この労使交渉を議会の控室で成り行きを見守っていました。

6月議会を直前に、激しい労使交渉が市民の目の届かないところで続きました。

連日続く労使交渉で労務担当職員の体力の限界を感じての保立市長の決断だったのでしょう。徹夜になった午前3時頃、保立市長が控室に来られ、5人の採用で妥結した事が告げられました。37人の退職に5人の現業職の採用です。沈黙が続きました。市長も市議会議員も財政再建のため職員削減の行革推進を選挙公約に選挙が終えたばかりなのです。

暫くして、保立市長が窓際にあった電話機を手にしました。相手は選挙管理委員会の事務局長です。市長は、
「もし私が辞職したら繰り上げ当選になるのか」と言うのです。2期目の当選を果たし、わずか2週間余りでのこの言葉には、驚きを通り越すものでした。

それは、市長が妥協することで議員も選挙公約を果たせなくなることの責任なのです。

6月13日付で、市長と組合の委員長の間で欠員問題について協定が締結されました。

その内容は、⑴現業職5名を採用することとし、採用時期は9月とする。⑵その他残る課題については、引き続き誠意を持って協議する。という内容のものでした。

そして、7月5日の市報に職員募集の記事が小さく載りました。「市では昭和60年度に職員を次の通り募集します。技能職(給食調理、一般作業、一般用務等)昭和37年1月1日以降に生まれ、義務教育を修了した者、若干名」とあります。

与党議員の一部は硬化しました。私も、これで1期目の任期中に1千25人の職員を1千人以下にするという目標の実現が難しくなったとの思いでした。与党会議でも行革に対する当局の対応が甘い、との厳しい指摘がされるようになりました。しかし、激しい労使交渉や市長の首を掛けての対応を知る私はこれを責めることにはなりませんでした。

この結果、大久保慎七助役が責任をとる形で10月12日、一身上の都合で、との名目で退職願いが提出され、10月31日退職しました。

その後、小金井市の職員数が職員1千人の大台を割ったのは平成7年であり、26人の削減に10年もかかったのです。職員は一旦採用すれば民間企業と異なり、本人の意に反しての解職は不可能であり職員削減の難しさを実感させられました。

その様な状況でも、私の市長としての16年間は915人から671人と244人の削減を果たしたのです。これに、西岡真一郎市長の選挙公報での「財政難は行革が進まなかったから」という批判には、まさに身を切る職員の協力を無にするもので、到底、納得できるものではないのです。

(つづく)

走り続けた16年(104)

これでいいのか小金井市政②

平成5年9月議会で議決された社会福祉委員への報酬は、改正条例案は提案する市長側も議決する市議会も、月額9千4百円を一万円に改正との認識の下で議決されました。しかし、条例本体には1万1千円と誤記されており、その誤記が正規のものとなるのです。

その後、毎年度の市議会の予算、決算、さらに監査委員の各種監査でも発見できず、24年間にわたり1万円の誤支給が続きました。

それが、平成29年5月16日、外部からの問い合わせで職員がこの過ちに気付きました。しかし、当局はこれを公にせず9か月間も隠し続けてきました。それは、原因の究明、再発の防止策に取組むため、としていますが、その説明には無理があります。なぜなら、誤支給を公にし、並行して調査を進めても何等不都合はないし、その方が調査が進展するのは明らかだからです。この9か月間の西岡真一郎市長の執った市政運営は信じられないものでした。

平成30年第1回(3月)市議会定例会の総務企画委員会及び予算特別委員会での誤支給問題の質疑を通して、西岡市長の事務手続き等について、市議会は法や規定に反するものと判断し、地方自治法の規定に基づき市議会は社会福祉委員への報酬誤支給に係る検査と、同法の規定に基づく監査請求を全会一致で議決したのです。

監査請求に至った理由の第1は、平成29年5月に総務部法務担当が顧問弁護士に問い合わせ、条例どおりに支払う義務があるとの回答を得て、担当からもその旨指摘したが、市長は当面現行のまま支給すると指示した。これは、地方自治法「報酬及び費用弁償の額並びにその支給方法は条例でこれを定めなければならない」との規定に反するし、また、規定額どおりに支払わない行為は地方公務員法に規定する職員の条例遵守義務に違背し、法令違反ではないか、と言うものです。

その2は、市長は誤支給が発覚した後も、新たに着任する社会福祉委員への説明にあたり、その報酬月額が条例と異なる1万円であることを記載した説明文書を作成させ、交付させた行為は虚偽公文書作成、偽造公文書行使等(刑法第156条・第158条)の罪に該当する恐れがある、とするものです。

その3、市長は、平成30年1月18日の理事者協議で、社会福祉委員に債権放棄を依頼することを確認し、その事務手続きに入ったが、事務決裁文書が一切存在しないことが判明した。本来であれば最終的には市長が決裁しなければならないと考えられるが、それが、その行為は行われていなかった。これは文書管理規定、事務決裁規定に反する行為というものです。

以上が、市議会からの監査請求の一部になりますが、市の管理職者がこれら法的な問題を失念していたとは到底考えられず、そこには大きな力が働いたと思わざるを得ません。

記録の残る起案文書の不作成や、誤支給問題で行政の最高意思決定機関である庁議を開かないのは、記録を残さない手法をとったとしか思えないのです。

監査委員からの監査結果等については次号で報告します。

(つづく)