さくら通信

専決 処分と減給

私は市長に就任して約1ヶ月後の5月31日、自らの給料を10%、助役、収入役、教育長は5%を減額、さらに6月に支給される期末手当( ボーナス)は、市長の私が30%、助役以下は10%減額する条例を議会に諮らず専決処分しました。

この専決処分には、直前の市長選挙で応援してくれた議員からも厳しい指摘を受けました。

6月7日に開会する定例会に提案して、議決を受けて執行すべきだという意見でした。

私は、ボーナスの基準日が6月1日であったことから決断したのですが、議会を通さずに決定することに、議会は厳しい反応でした。

令和4年9月定例会で西岡市長は、私立保育園2園を廃園する条例を議会が議決せず、継続審査にしたことから専決処分をしました。

この専決処分に賛成の議員2人で、反対が20人で不承認となりました。

この不承認の結果を受けて西岡市長は辞職しました。

議会が不承認 なら元に戻せばいいので、辞職する理由が分かりません。

その後、地方裁判所でこの専決処分は「違法で無効」との判決が下されましたが、白井市長は控訴せず判決は確定しました。

そのため、廃園問題は収まる気配もなく、今でも混乱が続いています。

私の減給の専決処分は、「本市の厳しい財政状況を踏まえて、市長としての姿勢を明確にするため」が事由であり、財政再建を進めるうえて職員に痛みを伴う協力を求めるなら、先ず自らが痛みを感じる対応をすべきとの考えからでした。

この専決処分を承認するか否かの採決は、賛成13反対9退席1で承認されましたが、自らの給与を下げるにも議会は専決処分には懐疑的なのです。

それ以降、給与の減額は全て議会の議決を得て行いました。

因みに、私の市長在任の16年間で減額した給与の総額は、1千698万円でした。

さくら通信

当選祝いとお中元

今年もお中元の季節を迎えました。

1年の半分を無事に過ごした感謝と、日頃の疎遠をお詫びしながらの贈り物の交換は、日本の慣習でもあります。

平成11年4月25日の市長選挙に初当選し、間もなくお中元の時期です。

当選祝いとお中元が重なり、宅配便で届く贈り物の数は半端ではありませんでした。狭い玄関に続く廊下は荷物でいっぱいです。

これを全て返すことにしました。

それは妻の役割で近くの店から送り返したのですが、25年経った今になってもあの時は大変だったと言っています。

送り返した品物を、私からの贈り物と勘違いして礼状が届いたり、便宜を頼むとでも思っているのか等、誤解されるトラブルも多くありました。

その後も一切 受け取らないで通しました。

I スーパーマーケットのK社長が来庁し、帰り際にホールインワンの記念のカードを手渡されました。私はそれをじっくり見てお返ししました。K 社長は笑いながら「訪問にあたり、手土産と言ったら市長は 受け取らないと社員から止められました」とのこと。これを聞いて私は大満足でした。

しかし、選挙は別で議員選挙の時から全てカンパとボランティアで行いました。そしてその借りは仕事で返すというのが 私の考え方でした。

職員にも、業者からの手帳やカレンダー、タオルなど一切受け取らない。また、業者との飲食やゴルフ等の付き合いも禁止し、それを徹底しました。

私が目指したのは、一点の曇りのない 行政執行でした。

さくら通信

2000年問題と「陽は昇る 小金井 」

私が小金井市長に就任したのは、平成11年1999年4月でした。

その年の後半に入って、コンピューター 2000年問題が 具体化してきました。

これはコンピュータが西暦年号の下二桁で差動しているため、 99の次は00年の2000年となるべきが1900年と反応する可能性があることから、政府は「コンピュータ西暦2000年問題に関する行動計画」を策定し、全国的具体的行動を地方自治体にも要請してきました。

小金井市も万が一に備え、「コンピューター2000年問題危機管理計画」を策定し、国および関係機関との連携を強化し、市民生活に影響を与えないための準備に万全安全を期してその日を迎えました。

12月31日、不測の事態に備えて理事者をはじめ、部長、そして関係職員は市役所で新年を迎えることになりました。

また、その他の管理職等はいざという時に備え自宅待機とし、全職員が2000年問題に取り組み ました。

緊張の中で午前0時を迎えました。

問題が想定される部署の異常もなく、テレビ等でも異常を報ずることもなく、安堵して新年を迎えました。

集まっていた職員には、自席に戻って待機するように指示しました。

私には仕事があったのです。

それは、2000年1月1日の0時を期して、婚姻届を出すカップルがいるだろうと考え、夜間受付職員には「少し待ってもらえれば 市長室で市長が受け付けます」と、カップルに伝えるように指示しました。

全員が私を待機していました。庁議室で待機するカップルを一組ずつ 市長室に入ってもらい、私が受け付け、記念写真を撮りました。

午前5時までに34組の受付をしました。それも一段落、外が明るくなってきたこともあり、仮眠してる職員を起こし、第2庁舎の8階まで階段をぞろぞろと 登りました。

初日の出を見るのです。私の欠点の一つは自分が好きなことは誰もが好きだと思うことです。

しかし、東の空に真っ赤な太陽が昇り、周辺の雲が黄金色に輝いているのを見て、眠いとか8階までの階段がきついと言っていた職員も、皆歓声をあけていました。

まさに「陽は昇る小金井」です。

2000年問題に異常がないことを確認し、自宅待機 も含めて全員を開放し、私は婚姻受付業務を再開するため市長室に戻りました。

さくら通信

ファクシミリの設置とコイの救出作戦

平成11年の初当選から約1ヶ月後、公約の一つであるファクシミリを市長室に設置しました。

これまでも「 市長への手紙」や「市政への投書箱」などで市民の声を聞く機会がありましたが、さらに24時間いつでも気軽に意見を寄せていただくため、早速に設置したものです。 お寄せいただいたご意見には必要な対応をさせていただきました。

それは財政問題や街づくり、生活に密着したゴミ問題、街路灯の故障、道路の毀損、また 職員の接遇などなど、市政全般にわたり必要な対応をさせていただきました。

このファクシミリの愛称募集で、市民からの「ふれあい 24 」と命名させていただきました。毎日出勤して最初の仕事はそれに目を通すことで始まります。それは楽しいものでした。

平成12年2月19日に届いたのは、子どもの文字で大きく「市長さんコイを助けてください」とありました。

これは前原小学校3年生の N 君からのもので、内容は日照りによりコイの住み家である野川 が干上がり、橋の周辺のわずかな溜まりに多くのコイがひしめいていて、背びれが水から出ているというものでした。

早速私も確認し、管理者である東京都の北多摩南部建設事務所と相談し、業者を入れて救出することを決めました。

業者は大きな水槽を積んだトラックに、大きな網でコイや他の魚もすくい水槽に入れるのです。

狭い溜まりに背びれ出したコイは30から50cm と大きく、その数は100匹を大きく超える数で、川の中での作業員とコイとの格闘でした。

救出されたコイは市立南中学校のプールに放流されました。狭い溜まりから広いプールに移されたコイは、自由にスイスイ泳いでいました。

この光景を南中の生徒たちは、休み時間に見て楽しんでいました。そんな南中ですが、プール開きが近づいたことから問題を提起してくれた前原小のプールに移しましたが、前原小にも長くはいられず、次の移転先を考えなければなりません。

そこで N 君や 前原小の生徒たちと西の台会館で話し合いました。 私の「料理して食べるのは?」は一蹴されました。しかし、水量の少ない小金井区域の野川では再び同じことになり無理とし、結局、安定的水量が確保される多摩川に近い野川の下流に決しました。

前原小のプールから引き上げる際、稚魚がたくさんいるのが見えました。それに子どもたちはすぐに反応し「大きいのは助けるが小さいのは助けないの 」ということになり、稚魚は翌日子ども達が救出することに決定しました。

翌日子ども達に救われた稚魚は、ビオトープや子どもたちが自宅に持ち帰って育てることになりました。

この一連の出来事は、新聞やテレビの報道番組で「小さな命を大切にする小金井の子どもたち」と大きく報じられました。

 

さくら通信

東京農工大の特別栄誉教授の遠藤章氏が、6月5日逝去されました。

このことについてはすでに本欄で報告させていただきましたが、遠藤氏の業績はコレステロールの合成を妨げるスタチンの発見で、これは細菌感染症から人類を救った 抗生物質ペニシリンと並ぶ「奇跡の薬」と呼ばれており、ノーベル賞の有力候補に上がっていただけに残念でした。

私は農工大の最高議決機関である経営協議会の委員を務めていたこともあり、親しくさせていただきました。

享年90歳でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。合掌