走り続けた16年(178)

「或る障がい者の死」③

昭和59年、身体、知的に重度の障がいのある山ヵ絵里さんが26歳の時、両親と3人で前原町に転入しました。他の自治体での障害者施設の運営に懐疑的だった山ヵ家は、絵里さんの介護は自宅での母の手厚い介護でした。

しかし、平成7年、その母が亡くなったことから、小金井市障害者福祉センターに父恭一さんの押す車椅子での通所となり、10年間多くの友だちや職員にも恵まれ、充実した日々を送りましたが、絵里さんの体力も衰え四つ這いでの室内の移動も困難になり、さらに恭一さんの病気も重なり、止むを得ず平成16年絵里さんは八王子市館町の八王子療護園への入所となりました。

平成24年11月25日、父恭一さんが死去し、その遺書には全財産を「小金井市の障害者福祉事業に寄付する」とありました。これは、障害者センターでの絵里さんの生活が、いかに充実していたかを証明するものでした。

恭一さんの遺産の1億円超は、遺書にある小金井市と相続人である絵里さんの遺留分とで折半となりました。

絵里さんは、平成22年に卵巣がん、24年肺に転移し手術。2年後の26年には肺がんが再発したが、体力的なことから外科的な治療はしないとしました。その後も、日常的な変化はなく元気であり、食欲の減退等もみられませんでした。

私は、恭一さんの「将来的に生活が維持継続できるように」の遺言が常に頭をよぎるのでした。

平成25年、私は市の担当職員と八王子療護園を訪問しました。療護園の絵里さんは、支援員の支えもあり、寝たきりでしたが、恵まれた環境の中で元気に過ごしていました。

その後、恭一さんの遺骨を絵里さんのお母さんの眠る多磨霊園みたま堂に、絵里さんと親しい人たちで納骨をしました。その時、私が予てより計画していた絵里さんとセンター所長の吉岡博之さんの10年ぶりの再会を果たすことができました。絵里さんは満面の笑みで声を出して喜んでいました。それは、文字や言葉では表せるものでなく、私も、涙が出る程の嬉しさでした。

これを契機に吉岡さんと私は療護園にイベントに合わせて訪問することになりました。

絵里さんは、遠足と称しての外出にあたっては小金井市を希望して、多磨霊園での両親の墓参の後、絵里さんの好きな寿司を皆で食べ、その後、通所していた障害者福祉センターの訪問がコースで、友だちや職員との再会には大喜びでした。

市長を退任して約1年後の平成28年秋の叙勲で私が叙勲の栄に浴し、知人の皆さんが発起人となって祝賀会の準備が進められていました。絵里さんに出欠を尋ねると、出席したいとのことで、施設側もこの様な機会は無いので、車や人員は確保するので是非出席させてあげてほしいとのことでした。本人は大喜びで何を着ていくか気を揉んでると聞きました。平成29年4月、立川パレスホテルでの祝賀会には笑顔で出席してもらいました。

また、同時期に絵里さんの思考力に変化が生じていることを知らされました。絵里さんには財産を相続する人がいないため、もしもの時には財産は全て国庫に帰属することになります。国の帰属となることに対しては、絵里さんの周辺の誰もがそれを望みませんでした。そのためには、公正証書等の作成作業を早急に進める必要が生じたのです。

(つづく)

走り続けた16年(175)

高齢者の交通事故

交通事故による被害者は高齢者や子どもが多く、また、二輪車の事故も増えています。

高齢者の事故は、横断禁止の道路を横切ることにより、走行中の車やオートバイと接触し、怪我をしたり、場合によっては亡くなってしまうような事故も多発しています。

遠回りであっても横断歩道を渡り、信号を守り、青信号でも点滅が始まったら無理しないで次の青信号を待つことが必要です。

高齢ドライバーの運転する車の事故も多発しています。

平成31年4月19日の昼過ぎ、池袋で起きた自動車暴走死傷事故は大きな社会問題となりました。それは、高齢男性(事故当時87歳)の運転するオートマチック車が暴走し、交差点の歩道を渡っている31歳の母と3歳の女児の乗る自転車をはね飛ばし、死に至らしめ、さらに、多重衝突事故となり、運転者と同乗者を含む10人が重軽傷を負いました。

高齢者の暴走事故の多くは、ブレーキをかけるつもりが、誤ってアクセルペダルを踏み急発進・急加速となり慌てて、さらに踏み込む加速でパニックとなり、車をコントロールできず衝突につながっています。これは、立体駐車場やコンビニ、スーパーの駐車場でも起こっています。

池袋の暴走死傷事故もこのケースと思われます。この事故の運転手は、かつて通商産業省(現・経済産業省)の高官であり、クボタの副社長であったためか、現行犯逮捕されることもなく、当初は容疑者と呼称されていないことなどから、特別扱いではないかと多くの批判が出ました。

裁判の公判では、「ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み続けた」との起訴内容に「記憶にない」と否認し、「車に何らかの異常が起きたと思う」と無罪を主張しています。

この悲惨な事故により、多くの高齢者が運転免許証の自主返納をすることが報じられました。また、各地の警察は運動機能の低下する高齢ドライバーの事故を未然に防ぐため、運転免許証の返納を促す活動に力を入れているようです。

車の自動運転の発達などの安全対策が急速に進んでいますが完全とは言えず、危険は常に伴います。

私も1昨年11月悩んだ末、最後とする免許証の更新をしました。

その2か月後の1月28日に車検が切れることから、26日に銚子での義母の17回忌に行くのを最後のドライブにし、その日に車を手放すことにしました。

その後、1年が経ちましたが、散歩が趣味の私には、特段の不都合は感じていません。

丁度10年間乗ったトヨタプリウスの走行距離は1万4千941kmと短いものでした。

普通免許を取得したのが昭和39年12月9日でしたので57年間乗り続けたことになりますが、この間、無事故で違反は駐車違反程度で終えられたことは幸運だったとの思いです。

安全運転には自信がありましたが、事故に遭わないという保証はなく、事故を起こせば加害者が、結果的には被害者になってしまうこともあります。

高齢者の免許証自主返納を促進させるため、市としてもココバスや体育施設、美術館など公共施設の割引や無料化などを活用してはいかがでしょうか。

(つづく)

走り続けた16年(174)

新しい年を迎えて②

新たな年、令和3年の新春を迎えた小金井市は、元旦から澄み切った青空と暖かな陽光、霊峰富士を連日仰ぐなど穏やかな天候で1年が始まりました。

しかし、新型コロナウイルスの猛威は世界中に蔓延し、衰えることなく拡大が続いています。世界中、多くの人々が感染の恐怖に晒されています。

国内においても、年末から年始にかけても感染が拡大し、新規感染者数の増加が挨拶代わりになっており、枕言葉は「過去最多」の繰り返しです。心配されるのは医療崩壊です。政府は東京都と埼玉、千葉、神奈川の3県を対象に再度の緊急事態宣言を1月7日に発令しました。今、議論になっている経済の再生か、感染防止かの議論があります。それを両立させることは、現実には困難であり、どちらかを取るとすれば、私は、感染防止策を優先すべきで、それによって被る市民の負担は、少しでも軽減されるよう、国や都、市の施策が必要です。

このような中、市民の生命を守る医療、看護、介護の最前線で活動している方々、そして、私たちの生活に欠かすことのできない日常の業務を果たしているソーシャルワーカーの方々にも敬意と感謝を申し上げます。

コロナ禍を収束させるには、治療薬やワクチンの開発・製造が進むことであり、それが発展途上国等に向けても供給され、世界がひとつになることにより、収束が進むことになります。

コロナ禍が進む中、小金井市議会から市長に対し、中・長期の財政計画を提出するようにと再三の要望で、やっと10月に中期財政計画が提出されました。それによると市の財政は今後5年間で60億円の税収減が想定されるというものです。それは、今後の事業計画に大きく影響することになります。

この大災害をただ単にピンチとだけとらえるのではなく、これを契機に市政の改革を断行するチャンスにする必要があります。ピンチはチャンスととらえることが必要です。

小金井市は、バブル経済の真っ最中の平成4年度に120億円で蛇の目工場跡地を購入し、その蛇の目工場跡地取得の借金80億円の返済が始まるや、バブル経済は崩壊し、大久保市政はその返済に苦慮することになりました。苦しく厳しい返済の始まった平成6年度には全国各市の財政比較の指標である経常収支比率は全国663市の中でワースト1位となり、財政再建団体に陥った北海道夕張市よりも下位の状況に位置してました。さらに、平成7年度には人件費が104億円を越えてしまい、平成9年度には職員の退職金の支払いが不能となり、全国に例のない借金で退職金を支払うという状況で、ついに、蛇の目用地取得の残債50数億円の返済も不能となりました。民間企業なら倒産です。

平成11年4月、最悪の財政状況の中で私は市長に就任しました。

私は、この小金井市政最大のピンチをチャンスと捉え市政の改革に取り組みました。

市民も職員組合も、多くの議員も私の考えを理解し、協力してくれました。このピンチを生かして財政再建が果たせたのです。

今、西岡市政が考えなければならないのは新庁舎・福祉会館建設問題です。このコロナ禍は終戦以降、例のない大惨事です。それが発生以前に立てられた計画をそのまま進めていくことでいいのかが問われます。

(つづく)

走り続けた16年(173)

新しい年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。

希望の新年を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年のご厚誼に感謝するとともに、本年も本欄をご愛読いただきますよう宜しくお願いいたします。

昨年末、国民注視の中、小惑星リュウグウから故郷地球に向けて帰路についた『はやぶさ2』は、お土産の玉手箱を地球に送り届け、故郷には立ち寄らず次のミッションに向けて飛び立ちました。本年は、期待を持って開く玉手箱の中身に関心が移ります。宇宙に関心を持つ子どもたちにも大きなお年玉になることでしょう。

一方、地球全体を揺さぶるかのような新型コロナウイルス感染拡大による恐怖と、それに伴っての世界経済の落ち込みも、人類が近年経験したことのない状況にあります。

世界の混乱で最も影響を受けるのが国内外を問わず社会的弱者といわれる人々へのしわ寄せです。清潔な水も食糧も不足し、衛生管理も、医療機関も不十分な発展途上国、紛争国、そして、難民キャンプ等で生活する人々にコロナウイルスに加え、冬の寒さが追い討ちをかけていることを思うと心が痛みます。今や、地球規模での対応が迫られています。

願わくは、少しでも早くワクチンが世界の隅々まで普及することにより感染拡大が収まり、元の日常に戻ることです。

1年遅れで7月には東京オリンピック・パラリンピックが開会される予定です。世界中のコロナ禍が収まった証しとして予定通り実施されることを願うものです。

国難とも言えるこの状況に当たっては、国も都も、そして、基礎自治体である市にとっても大きな課題が突き付けられています。

本年の市政の課題はコロナ禍における市民生活、財政問題、そして、懸案の庁舎問題になると思われます。

先ず、市民生活と財政問題は2008年(平成20年)9月に米国投資銀行のリーマンブラザーズの経営破綻に端を発し、連鎖的に世界規模の金融危機が発生したことがありました。国内においても大手金融機関、保険会社、証券会社等の倒産もあり、税収は国も都も、そして、市においても大幅な減収になりました。しかし、当時は経済再生の見通しがつきましたが、コロナ禍は先行きの見通しが全く立ちません。その上、日本だけで片付くものでなく国際社会の連携が必要であり、問題を複雑にしてます。

市は、コロナ禍による税収減はリーマンショック等を参考にし、今後5年間で約60億円の減収と想定しています。その補填は財政調整基金(財調・貯金)の取崩しでまかなうとのことです。財調はそのための基金であり有効な活用が必要です。

コロナ禍により市内の小売業や飲食店などに与える影響も甚大です。それらに従事する解雇や雇い止めによる収入減、アルバイト学生やひとり親家庭などの生活困窮も見逃すことなく、市民生活を最優先する市政運営が望まれます。

令和3年度の予算編成に当たっては、厳しい財政状況ですが、財調等を有効に活用し、国や都の施策に頼るだけでなく、小金井市の特色を生かした明るい未来を感じさせる新年度予算に期待したいものです。それが「小金井に住んでよかった」の基になります。

(つづく)

走り続けた16年(171)

市議会議員として

労働組合主導の小金井市が昭和50年前後8年の革新市政で、さらに市民より職員のための市政が展開されました。高い市民の担税力は職員の人件費に費やされました。そのため、人件費比率は長年にわたりワースト日本一を繰り返しました。

市議一期目後半の昭和62年、この状況を改善するため、私はカリスマ的存在で組合を主導し「天皇」とも言われる朝熊(仮名)係長を特別扱いすることは、職員の士気にも影響し問題だと主張、議会も決議し改善を求めたが、当局は混乱を恐れるあまり手が付けられない状況でした。

そこで私は、壁新聞、チラシ、街宣車などで直接市民に現状を訴えることにしました。

すぐに反応がありました。大久保慎七市長から、影の市長的存在の係長の実名を上げての壁新聞を外してほしいということでした。筋違いの要望をする市長には大きなプレッシャーがかかっていたと思われます。壁新聞は外しましたが、チラシの配布と街宣車での運動は続けました。

犯人が特定できなかったことから原因が何んだったか分かりませんが、時を同じくして私の身辺にはいろいなことがありました。

まず、駐車場に止めてある街宣車のタイヤにチョークで何本もの線が引かれているのです。これは、駐車違反を繰り返すというイメージダウンを狙ったものと思われます。次は、嫌がらせの電話です。これは夜から翌日未明まで続き悩まされました。支援者の警察OBの方々が警察署やNTTに掛け合いました。逆探知の対応は無理でしたが、逆探知の機器をセットしたかの対応で解決しました。

また、本町2丁目の寿司屋さんから寿司25人前や、10人前の蕎麦が届けられることもありました。さらに、救急車やパトカーの警察官が階段を駆け上がってくることもありました。私の7店舗あったコインランドリーの複数の店舗のガラスが割られたり機械にいたずらもありました。ある朝、マンションの駐輪場に立ち入り禁止のテープが張られ、その中には数人の警察官が焼けた自転車の回りを調査していました。自転車の前かごに、ごみ袋に詰めた新聞紙に火をつけたのです。燃えた自転車には私の名前が書かれていました。

何のためか理由も説明せず、2人の警察官が狭い我が家に夜中まで張り込むことも数回ありました。

嫌がらせや脅しに屈することはなく、逆に元気が出ますが、私の行動で市長や管理職への八つ当たりや、全く関係ない人に迷惑が掛かるのは辛かった。

昭和62年12月定例会の総務委員会で、私のチラシや壁新聞が「議員の市政ニュースに関して」と、議論の対象となりました。さらに翌年3月の予算委員会で再び議論となりました。私は、困ったような態度は装うが、内心混乱は大歓迎でした。そのような状況の中、大久保市長が労働組合との団体交渉で、私の行動に対し、組合委員長宛てに「議員に理解を得る努力を怠った」とのお詫びの公文書を提出したことから、議会は市長の越権行為だと猛反発。問題解決は6月議会にまで持ち越されました。私の行動で市政は混乱したが、長年続いた組合主導の市政にくさびを打ち込んだとの思いでした。

(つづく)